【10周年特別企画】SEIKINさんにダンボールなめこが直撃インタビュー!なめことSEIKINさんに意外な共通点!? イメージ

【10周年特別企画】SEIKINさんにダンボールなめこが直撃インタビュー!なめことSEIKINさんに意外な共通点!?

 2021年6月30日、池袋パルコにて展覧会型イベント「大なめこ展」が開幕した。メディア向けに実施されたオープニングセレモニーには人気動画クリエイターのSEIKINさんと、そのYouTube ch「SeikinTV」に度々"出演"をしているなめこのぬいぐるみ・なめ先生がゲストとして登場し、会場を盛り上げた。

関連 SEIKIN 大なめこ展でなめこ愛熱弁「衝撃を受けて、すごくかわいいなと」/芸能/デイリースポーツ online

 先になめぱら読者諸氏に向けてなめことSEIKINさんの関係を説明させていただこう。

 SEIKINさんはYouTubeで登録者数400万人(2021年7月8日現在)を誇る人気チャンネル「SeikinTV」で動画を配信する人気動画クリエイター。「SeikinTV」にはなめこの「なめ先生」というキャラクターが数年にわたりレギュラー出演をしており、それを知ったビーワークススタッフがSEIKINさんとなめ先生に応援のお手紙をしたためたり、突然「なめこの酢」を送ったりするなどしてささやかな交流を図っていた。

 一方、SEIKINさん・なめ先生もお忍びで「なめこ市場東京本店」の開店初日に来店されており、いつか直接お礼を申し上げる機会を得たいと考えていたことから、このたびのオープニングセレモニー出演オファーに至ったのだった。

 オープニングセレモニー後、ダンボールなめこがSEIKINさんとなめ先生に直撃インタビューを敢行。SEIKINさんとなめ先生の出会いと活動の歴史から始まったインタビューは、なめこデザイナー河合も参戦して大盛り上がり。話題はコンテンツを作り続けるための秘訣(というかダンなめのお悩み相談??)へと膨らみ、動画制作とゲーム開発の垣根を超えてクリエイティブ活動にかける思いを語り合った。

(本記事は1ヶ月間限定公開となります。公開期間:2021年8月8日(日)13:00まで)

【プロフィール】




210630_seikin_thumbnail.png
SEIKIN
子供から大人まで楽しめる幅広い内容の動画を数多く配信する人気動画クリエイター。
また、動画のみならず、地上波の音楽番組にも度々出演する実の兄弟による
音楽ユニット「HIKAKIN & SEIKIN」の全ての楽曲の作詞作曲を手掛けている。

210630_namesensei_thumbnail.png
なめ先生
SeikinTVで唯一レギュラー出演を果たすなめこ。
「大なめこ展」には手作りの蝶ネクタイを身につけて駆けつけてくれた。

210630_kawai_thumbnail.png
河合真吾
2003年株式会社ビーワークス入社。
同社ゲーム事業部のゲームディレクター/グラフィッカーとして『なめこ栽培キット』シリーズほぼすべてのなめこのキャラクターデザインを手がける。

210630_danname_thumbnail.png
ダンボールなめこ
2010年株式会社ビーワークス入社。
同社ゲーム事業部でなめこの広報活動に従事するほか公式4コマ漫画の原作も担当している。

IMG_9600.JPG

SEIKINさんとなめ先生と河合真吾先生

210630_danname_thumbnail.png本日はお忙しい中「大なめこ展」のオープニングにお越しいただきありがとうございました!

210630_seikin_thumbnail.pngこちらこそありがとうございました!

210630_danname_thumbnail.png弊社から「大なめこ展」オープニングセレモニーになめ先生とともにゲスト出演のオファーをさせていただいたのですが、最初にそれを聞いたときはいかがでしたか。

210630_seikin_thumbnail.png単純に嬉しかったです。(なめ先生は)ずっと長く出演してきた唯一のレギュラーなので、公式にオファーをいただき10周年の記念のイベントに出れたということはすごく嬉しかったですね。

210630_danname_thumbnail.pngなめ先生はどんなお気持ちだったんでしょうか?

210630_seikin_thumbnail.pngなめ先生はイベント初出演だったので...ちょっと緊張もありつつ、しかし大御所でいらっしゃいますので「うれしいよ」と申しております笑

210630_danname_thumbnail.png昔からSeikinTVでなめ先生の動画を拝見させていただいていて、弊社からお手紙などもお送りさせていただいたことがあったのですが、いつかお二人にお会いできる機会が来るといいなと思っていましたので長年の夢が叶って嬉しいです!


▼なめ先生(上)とビーワークスのなめこ(下)
IMG_9555.JPG

210630_danname_thumbnail.png「大なめこ展」の会場はご覧になりましたか?

210630_seikin_thumbnail.png先ほど見させていただいて、「1101種類」のなめこ...すごい数なので本当にもうなんていうか笑......河合さんすごいですね!

210630_kawai_thumbnail.pngアイデア出しとかは他のスタッフもやってくれているので笑

210630_seikin_thumbnail.png最初に普通のなめこから始まって、いろんなデザインができていったと思うんですが、本当に2日に1種類のペースで描かれたんですか?

(編集註:オープニングセレモニーのメディア取材で「1101種のなめこを2.2営業日に1種のペースでデザインした」という回答をしていた)

210630_danname_thumbnail.png毎日描いているというよりはコンテンツ追加のタイミングでまとめて描く感じですよね。10年の日数で割り算をすると2.2営業日に1種類になったのですが。

210630_seikin_thumbnail.pngそんなにバーっと描くんですね!!

210630_kawai_thumbnail.png最近だと2週間おきに8〜10種類くらいのペースで追加しています。

210630_seikin_thumbnail.pngええっ(驚)実際にはどれくらいの時間で描くんですか?

210630_kawai_thumbnail.pngだいたい...2日間くらいですね。

210630_seikin_thumbnail.pngそれは相当すごいですね!最初の頃だったら多少増やしていくことはできると思うんですが、1100っていうのはすごい歴史だなとあらためて思います。

210630_kawai_thumbnail.png最近一番大変なのは「これと同じ見た目のやついなかったっけ?」と気になったときに調べることです笑

210630_seikin_thumbnail.pngたしかに(大笑)10年前の記憶まで遡らないといけないですからね!

IMG_9553.JPG

210630_danname_thumbnail.pngSEIKINさんとなめ先生の出会いについて詳しくお聞きしたいです。

210630_seikin_thumbnail.png2013年だったと思うんですが、約8年くらい前に有楽町のロフトになめこを探しに行って、正直もうほとんど(売り場になめこが)なかったんです。人気で売り切れちゃってる状態で。「ないかな〜」って言ってたら1匹だけ残ってて!

210630_danname_thumbnail.png210630_kawai_thumbnail.pngへ〜!

210630_seikin_thumbnail.pngみんなが見た後だったので袋なんかもちょっと破けている状態で。でもたまたま運良く残っていて「よしじゃあこれにしよう!」と言って買って帰ったのがなめ先生だったんです。最初は軽い気持ちで「かわいいから飾ろっか」といってソファーに飾り初めて、気づけば"守り神"のような感じになってて。もう移動したら逆に不安で...。

(一同笑)

210630_seikin_thumbnail.png常に見守ってもらうという感覚で置いていますね。

210630_danname_thumbnail.pngそれ以来なめ先生との歴史が始まったんですね。

210630_seikin_thumbnail.pngそうなんです。なので「SeikinTV」を一番近くで見ているのが先生ですね。

▼「なめ先生」との出会いについては動画でもお話されていました。

210630_danname_thumbnail.pngとてもありがたいことになめ先生にはSEIKINさんから特別な愛情を注いでいただいていると思っていまして、ハワイでの結婚式にも連れていってくださっていましたよね。

210630_seikin_thumbnail.pngそうですね、(なめ先生を)買った当時は奥さんとまだ結婚していなかったんですけど、そのときから二人でずっと大事にしていたので、「やっぱり結婚式には連れていかなきゃね」ということで連れて行ったんですよ。

210630_danname_thumbnail.pngおかげで我々もSEIKINさんの結婚式に出席させていただいたような気分になりました笑

この投稿をInstagramで見る

SEIKIN セイキン(@seikin_official)がシェアした投稿


210630_danname_thumbnail.pngなめ先生はSeikinTVやSeikinGamesにも度々ご出演されていますが、なめ先生が動画出演される際に気をつけていることなどがあれば教えてください。

210630_seikin_thumbnail.pngそうですね...最初と立ち位置が変わっているような気がします。最初は「なめちゃん」的な軽い感じのところから始まったんですけど、いつの間にか「先生っ!」という僕より上の立場になっていって。講師の先生みたいなアドバイスをくれる存在になりました。

210630_seikin_thumbnail.pngSeikinGamesの方でもなぜか全然ジャンルの違うホラーゲームのゲーム実況にも出していました。(なめ先生が出ると)やっぱり和むんですよ笑


210630_danname_thumbnail.pngSEIKINさんがお一人だけで出演されている中で、なめ先生がいることでバランスが取れたり雰囲気がよくなったりするということなんですね。


なめことSeikinTVの意外な共通点!?


210630_danname_thumbnail.png個人的には「なめちゃんず」の動画がすごく大好きです。特に"銀座"というネーミングとか、"おチビ"が寝ぼけながら「きゅうりが食べたいよ〜」って言っているところとか。

210630_seikin_thumbnail.pngあー!アプリをつかった動画で昔やりましたね笑

▼ダンなめお気に入り「なめちゃんず」の動画





210630_danname_thumbnail.pngめちゃくちゃおもしろいなーと思って拝見しているのですが、このストーリーとか演出はSEIKINさんご自身で全部なさっているんですか。

210630_seikin_thumbnail.pngそうですね、僕がやってます。思いつきの部分もありますが笑「銀座」は有楽町付近で購入したので「銀座」という名前になったんです。

(編集註:有楽町と銀座はほぼ同じ場所にある。銀座に一番近いJRの駅は有楽町駅)


210630_danname_thumbnail.pngなめ先生の動画はすごく丁寧に作られていて「なめこ達がかわいく見えるように」という気持ちが伝わってきます。なめ先生の動画に限らず、SEIKINさんがコンテンツ作りで大切にしていること、あるいは「核」としていることはなんでしょうか。

210630_seikin_thumbnail.pngやっぱり「誰が見ても楽しめる」ものを作りたいということは常に考えています。特定の一部の人に向けてではなく、小さい子からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめるような、男女問わず楽しめるような内容というのは意識しています。


210630_danname_thumbnail.pngなるほど。実はなめこも同じことを目指しています。なめこはファンシーキャラクターではなくゲームのキャラクター出身です。「なめこ栽培キット」というゲーム自体も男性向け女性向けとか特定の年齢層にだけ向けたものではなく、幅広い属性の方に楽しんでもらうことを目的としています。逆にいうと「誰かにズバッと刺さる」ようなコンテンツ作りが難しくなるともいえますよね。

210630_seikin_thumbnail.pngうん...うん...たしかにそうですね。

210630_danname_thumbnail.pngそれを踏まえつつみんなに楽しんでもらうにはどういったことが重要になると思われますか。

210630_seikin_thumbnail.pngんんーそうですねー......。(しばし考え込む)たしかにピンポイントで攻めた方がコアファンは着くと思いますし、「万人受け」するってことはすごく難しいことだと思います。でも「なめこ」はそれができているかなと客観的に見て感じます。キャラクター的に、誰が見ても「かわいい」と思う顔をしていますよね。だからこそ10年続けてこられているんじゃないかと思いますし。河合さんのデザインが素晴らしいとうことです!

210630_kawai_thumbnail.pngそこにきた笑

210630_danname_thumbnail.pngそういった(誰が見ても楽しめるという)共通点があるからこそ、なめ先生がSeikinTVに出演し続けられたということなのかもしれません。

210630_seikin_thumbnail.pngそうかもしれませんね!あまりにも尖っていたらずっと僕も置いていないのかもしれません。いい意味で常に置いていても問題ないとうか、ずっと出ていてもおかしくないキャラクターなんだと思いますね。

IMG_9554.JPG

突然始まったダンなめのお悩み相談

210630_danname_thumbnail.pngなめこは今日で10周年を迎えまして、私はマーケティングの担当でなめこのゲーム自体の開発者ではないのですが、10年間毎週4コマ漫画の連載を続けています。

210630_seikin_thumbnail.pngすごい!10年も!!

▼原作:ダンボールなめこ、作画:河合真吾で連載中の4コマ漫画「なめこタイムDX
スクリーンショット 2021-06-30 20.06.45.png

210630_danname_thumbnail.pngモチベーション自体はスタート当初と変わらず高いものの、自分の引き出しを全部開け切ってしまってめちゃくちゃ辛いんです涙 数年間ずっと涙

210630_seikin_thumbnail.pngたしかに...そりゃそうですよ。

210630_danname_thumbnail.pngSEIKINさんの動画を拝見すると色々な切り口で新しい動画を投稿されていて、最近ですと「お掃除動画」が好きでよく見ています。インプットとか企画の切り出し方ってどういう工夫をされていますか。

210630_seikin_thumbnail.pngこれは長くやればやるほど苦労しますよね。最初はあんまり考えず、若い頃は勢いで思いついたら撮ってみようとやっていました。でも時代時代でトレンドは常に変わっていくので、ニュースだったりSNSだったり、それこそYouTubeも常に見ています。あとは日常の中で、例えば買い物に出かけているときも「これ使ったら面白いかな」ということを常に考えています。とにかくずっと考えているんですよね。何か面白いことはないかなって。当然長いことやっているとやることが段々なくなっていくんですけど笑 それは河合さんも同じだと思いますが、次どういうことをやったらいいのかすごく難しくて、悩んでいる部分もあります。そんな中で「僕にしかできないこと」を今後どんどんやっていきたいというのはあります。YouTubeのクリエイターもすごく増えて、プロフェッショナルの方が入ってきてそれぞれの専門分野の動画も増えています。そういう方々と同じところで勝負しても厳しい部分もあると感じます。やっぱり「視聴者に近いところにいる」というのが僕だと思うので、一般の方と同じ目線でコンテンツ作りができたらなと思っています。

210630_danname_thumbnail.pngなるほど、自分にしかできないこと、自分の価値をしっかり理解することが大切なんですね。


動画にかける信念

210630_danname_thumbnail.png「お掃除動画」の話が続いて恐縮ですが、「鏡をきれいにする動画」や「泡で排水溝をきれいにする動画」など、ビーフォーアフターがわかりやすかったり動画映えするグッズをピンポイントで選ばれていてさすがだなと。

210630_seikin_thumbnail.pngそうですね、映像的にわからないものだと伝わりづらいことがあるので。代表的なのが「におい」です。「におい」って映像だと伝わらないので、リアクションがすごく面白ければいいのかもしれませんが中々伝わらない部分があったりします。映像でパッと見たときに「お〜すごい変わったね!」ということが一番視聴者には伝わりやすいですよね。あとは視聴者が買ってみたいと思うグッズを選ぶことは意識していますね。

▼泡で排水溝をきれいにする動画。ダンなめはまんまと購入しました。



210630_danname_thumbnail.pngSeikinTVとSeikinGamesで合わせて2日〜3日に1本のペースで動画を上げ続けるために工夫されていることはありますか。

210630_seikin_thumbnail.png2015年くらいまでは毎日アップするのが当たり前の時代があって、まわりのクリエイターも必ず毎日アップするのが当たり前だったので、その当時は毎日必ず19時に1本上げていました。"気合い"なんですけど笑 そこから徐々に変化してきてクオリティが求められる時代になってきました。毎日投稿ではネタにも撮影にも編集にも限界があるという中で(YouTubeのクリエイター)全体が変化してきている部分もあると思います。僕としてはこだわって一本一本丁寧に作りたいというタイプなので、今の流れ(2日〜3日に1本ペース)は嫌いではないです。週一でもいい動画を出せたらいいよねくらいのつもりでもいますが、あまりにも更新しないと待っている方に申し訳ないので、ある程度のスパンでコンスタントに上げていきたいということを意識してやっています。

IMG_9588.JPG


210630_danname_thumbnail.pngクオリティ重視しつつ、今の配信ペースを守っていくと。

210630_seikin_thumbnail.pngそうすると視聴者の方も楽しみやすいのかなと思いますね。

210630_danname_thumbnail.pngむしろクオリティを維持する上ではギリギリのスパンが2〜3日に1本ということも。


210630_seikin_thumbnail.pngギリギリですね、たしかに。今も撮影はほぼ全部自分でやっていて、編集はスタッフに手伝ってもらうことはあっても最終の仕上げは全部自分でやるので、そこのこだわりの部分はファンの方にも伝わるんじゃないかなと思ってやっています。元々一人で全部やっていたということもあり、信念として自分の作品を大事に仕上げたいという思いはあります。

210630_danname_thumbnail.pngなるほど、ありがとうございます!なんだか私のクリエイティブお悩み相談みたいになってしまいすみません。

210630_seikin_thumbnail.pngダンなめさんも10年漫画やってるじゃないですか笑


やっぱり◯◯受けは難しい!?

210630_danname_thumbnail.pngせっかくの機会だったのでクリエイティブのことを色々お聞きしたいなと思いまして笑 ここまでお話いただいた通りなめこのことがお好きでいらっしゃるSEIKINさんですが、実はなめこのアプリはあまり遊んだことがないとお聞きしました。

210630_seikin_thumbnail.pngそうなんです。ぬいぐるみが好きで、そこから入ったので。あまりアプリはやったことがなかったんです。

210630_danname_thumbnail.png実はなめこのファンの方にもそういう方は結構いらっしゃるんです。ゲーセンで見つけたなめこが好きで、そこからずっとなめこをかわいがってますみたいな。逆にそういう方がなめこのゲームを始めるきっかけにはこういうことが必要、こういうゲームだったら遊んでみたいと思う、というものがあればゲーム開発の参考にさせていただきたく。SEIKINさんにぜひお聞きしたいです!

210630_seikin_thumbnail.pngどうなんだろ...それもファンの中で分かれると思います。見た目がかわいくて大好きという方もいれば、収穫するときの音や触り心地が好きという方もいて。でもやっぱり「音」が自然に気持ちいいので、子供も反応しやすいですし、「音」がポイントになると思います。けどどうなんでしょう笑 僕もゲーム開発したことがないからわかんないです!

(一同笑)

210630_seikin_interview.jpg

210630_seikin_thumbnail.png逆にゲーム開発をする上で意識されていることはなんですか。

210630_kawai_thumbnail.pngできるだけ"かんたん"だけど、"すごいことしたぞ"って思えるようにすることですね。遊んでいる人はなめこフードを蒔いて収穫するだけでも、「同じなめこを何匹収穫した」とかをゲーム内で褒めるとか「ただ収穫するだけでいろんなことが起こる」ように工夫しています。

210630_seikin_thumbnail.pngなるほど〜。なめこでバトルとかはないですもんね?

210630_danname_thumbnail.png殺伐としそう笑

210630_seikin_thumbnail.pngもっとほんわかした感じですもんね笑 男子だと単純にバトルしたいかなと思っちゃいそうですが、女性からすると「なめこにバトルさせるなんて!」という感覚もあるかもしれませんし、みんな違うでしょうから。万人に愛されるようにするには......確かにある意味難しいですね笑

(一同爆笑)

210630_danname_thumbnail.pngそこに戻ってきた!

210630_seikin_thumbnail.png難しいですね、そう言われてみると笑

210630_danname_thumbnail.png最後の質問です。SEIKINさんが考える「こんななめこいたらいいな」というアイデアを教えてください!

210630_seikin_thumbnail.pngええー!!だってもう出てるじゃないですか!1101種類も笑

210630_seikin_thumbnail.pngうーん、そうですね〜...めちゃくちゃでかいのっています?

210630_kawai_thumbnail.pngめちゃくちゃでかい...?

210630_seikin_thumbnail.pngとんでもない大きさの。表示ができなくなっちゃいそうな画面に入りきらないっていう笑

210630_danname_thumbnail.pngそれなんか面白そう!

210630_seikin_thumbnail.pngとてつもなく巨大な。足しか映ってないとか笑

210630_kawai_thumbnail.pngははははははは!!すごい!

210630_danname_thumbnail.pngプレイヤーに想像させるという。いいですね!

210630_danname_thumbnail.pngSeikinTVも来年の3月で動画公開から10周年ですね!SEIKINさんとなめ先生の動画をこれからも楽しみにしております。今日は本当にありがとうございました!

210630_seikin_thumbnail.pngありがとうございました!

===============

SEIKINさんとなめ先生がお祝いしてくれた6月30日に、なめこ栽培キット10周年記念アプリの配信と記念展覧会が同時にスタートしました。

アプリと展覧会どちらも楽しんでもらえたら嬉しいです!!

なめこ栽培キット10周年記念アプリ『元祖 なめこ栽培キット』

ganso_icon.png
Google Play(Android版)
App Store(iPhone版)

なめこ栽培キット10周年記念展覧会「大なめこ展」

main.jpg

開催概要

会期
2021年6月30日(水)~7月18日(日)  11:00~20:00
※入場は閉場の30分前まで
※最終日18時閉場
※営業日時は感染症拡大防止の観点から入場数の制限、営業時間の変更及び休業となる場合がございます。詳しくは池袋PARCOの営業日時をご確認ください。
池袋PARCO HP:https://ikebukuro.parco.jp/

会場
PARCO FACTORY
(東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋PARCO本館7F)

入場料
ぬいぐるみ付チケット800円
一般500円 学生400円
※小学生以下無料

大なめこ展公式ページ(こちらから3Dビューで楽しめるオンライン展示も無料でご覧いただけます)
https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=676


APPLICATION

App

なめこが登場するアプリ