「なめこ文學全集」最新話は谷崎潤一郎の「春琴抄」!デンシバーズで無料配信中 イメージ

「なめこ文學全集」最新話は谷崎潤一郎の「春琴抄」!デンシバーズで無料配信中

皆様お待ちかね、お久しぶりにこの時間がやってまいりました!


このフレーズをご存知の方もそうでない方も必見!
なめこ達が文学をご紹介する漫画『なめこ文學全集』の最新話をご紹介する時間ですよ!!
0430oshirase_bungaku.jpg


今回なめこ達が披露するのは、"谷崎潤一郎"の中編小説「春琴抄」。
ドラマや舞台でも取り上げられている有名なお話です。

▼ミンクなめこのなんとも言えない絶妙な表情をご堪能ください。
171201_syunkinsyo_21.png


(紹介をすっ飛ばして)今すぐ作品を読みたい方はこちらからどうぞ
春琴抄|なめこ文學全集



ーーーーーー

さて、ここからは本作の内容をちょっとだけご紹介!


語り手である「私」が「春琴」と「佐助」のお墓を訪ねるとこから物語がはじまります。

▼「私」はミンクなめこが演じます。(出番少なめ)
171201_syunkinsyo_02.png




春琴」は全盲の三味線奏者。
9歳のときに失明してしまい、春琴の家の奉公人であった「佐助」は春琴のお世話をしていました。

▼容姿端麗な「春琴」役は見た目鮮やかな「紅なめこ」が演じます!
171201_syunkinsyo_06.png

▼佐助役はノーマルのなめこが担当。2人の身分の差がわかりやすい配役!
171201_syunkinsyo_05.png


わがままで気難しい春琴。
扱いが難しい彼女に、佐助は献身的に尽くすのでした。

▼この時点で「あれ、佐助ってもしかして...」と思ったあなた、正解です。
171201_syunkinsyo_09.png

▼この嬉しそうな表情!
171201_syunkinsyo_10.png


春琴の世話をする過程で培った三味線の技術が認められた佐助。

2人は師弟の契りを交わします。

▼ここから11歳と15歳の不思議な主従関係がはじまるのです...
171201_syunkinsyo_11.png

周囲が引くほどの厳しい稽古にも関わらず、春琴を慕い続ける佐助。
2人の摩訶不思議な関係性はますます深まっていくのです。

▼これはご褒美です。
171201_syunkinsyo_12.png


▼ここまでかと言わんばかりの...いえ、忠誠心!
171201_syu_22.png





不思議な師弟関係を育む2人の行く末は...!?



171201_syunkinsyo_16.png



ぜひ「デンシバーズ」をご覧ください!!
全ページ無料です!


第46話「春琴抄」

なめこ文學全集|デンシバーズ
0430oshirase_bungaku.jpg


APPLICATION

App

なめこが登場するアプリ

なめことわたし結果